監修 : たかはしひろみ (栄養士)
文 : ふるかわりさ

 

【心が軽くなる離乳食の話】

 

はじめての離乳食。
雑誌をみても、本を読んでも難しいことばっかり。
お母さんに聞いても「なんでもいいのよ」なんて、
とても"おおらかな"アドバイス、、、。
本を見ながら、ダシをとって、野菜をすりつぶして、
栄養たっぷり いろどりバッチリの離乳食を作ったはいいけれど、
思うように食べてくれない我が子にちょっとイライラ モヤモヤ。

 

そんな経験をしていらっしゃるママって多いのでは?
そんなママにとって、栄養士の たかはしひろみ先生のお話は、目からウロコ。
きっとモヤモヤも晴れてしまうと思います。

 

「まず、離乳食とは何か?という定義から見直してみましょう」
という、ひろみ先生。
「離乳食って、栄養バランスのいいペースト状の食事だと
考えていらっしゃる方が多いですが、そう考えるよりも、
"おっぱいやミルクを卒業して、
固形物を食べられるようになるためのトレーニング"、
つまり"ごっくん する練習"と捉えるといいんじゃないかと思います」

 

赤ちゃんの成長に必要な栄養素は、
基本的におっぱいやミルクで十分摂取できているのだそう。
だから(特に初期の)離乳食は"液体じゃないものを
スプーンで口に入れて飲み込む練習"

 

「だから、極端な話、味付けも必要ないし、毎日同じだっていいんです」

 

うん。そう考えると確かにとても気が楽になりますね。

 

次回は「なぜ味付けの必要がないか」というお話。 お楽しみに。