cocoleca magazine

妊娠9ヶ月目(妊娠32週目~妊娠35週目)

出産前のお母さんへ
share on
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE

妊娠32週目

妊娠9か月に入りましたね。

赤ちゃんは急成長を続けています。

身長は40~45cmほど、体重は1700gほどになっています。

脳が急成長することによって頭の周りの長さは9.5mmほども大きくなります。

指を吸っておっぱいを吸う練習をしたりしています。

 

 

この時期になると羊水の量が最大限になります。

今後は、赤ちゃんが成長するに連れて羊水の量が減り、

赤ちゃんが占める割合が高くなり、お母さんは胎動を強く感じるようになるはずです。

 

 

大きくなったお腹でさらに他の器官が圧迫されるようになります。

腸が圧迫され、便秘に悩む人もいるかもしれません。

適度な運動をし、水分を摂ることを意識してください。

お腹の皮膚が伸びてかゆい人は、保湿しましょう。

 

 

このくらいの時期から母乳生産の準備が進みます。

その結果、胸に小さいコブ状のものができたり、波立つのを感じることがあります。

赤ちゃんが活発に動いたり、腰痛、足がつる、眠りやすい姿勢が見つからないなど、

理由は人それぞれですが、妊娠後期になると疲れているのに眠れない日々が続くこともあります。

適度な運動や、眠りやすいクッションを使ってみるのもおすすめです。

 

妊娠33週目

妊娠中、お母さんから抗体を供給してもらい、

すでに赤ちゃんは産まれても大丈夫なくらい成長しています。

いつ出産してもいいよう準備をしておくことが大切です。

 

 

この時期、赤ちゃんの中には爪がかなり伸びている子もいます。

産後、自分をひっかいてしまうこともあるので、

そんなときはすぐに切ってあげましょう。

 

 

33週の後半、血圧が安定しないときは、

ゆっくり動いたり、食事は少量を数回に分けて食べたりすると

いくらか楽になります。

ちょうど良い温度に部屋を調整しておくのもおすすめです。

 

 

 

<豆知識>

このときの赤ちゃんの目は青色です。

数週間日光にさられることで色素沈着が起こるのです。

 

妊娠34週目

この週の前半、赤ちゃんの体重は2100g、身長は30cmほどになります。

皮下脂肪がついてきて、血管がはっきり見えなくなり、

ピンク色っぽい肌になってきます。

 

 

徐々に赤ちゃんが下がってくると、胃や心臓の圧迫が減り、

呼吸は楽になります。

かわりに膀胱への圧迫がかかるのでトイレが近くなります。

大きくなった子宮によって、横隔膜が持ち上げられ、

あばら骨が少し開きます。

それに伴って胸囲も6cmくらい広がるかもしれません。

 

 

このころ、お母さんの体では、出産時の出血に備えて、血液が多く作られます。

そのため、鉄分をとるよう心がけましょう。

肉類や魚、豆類など多くのものに含まれているので、

バランスの良い食事をとるようにしていれば、自然と口にするかと思います。

赤ちゃんは出産後、母乳から十分な鉄分をとることができないので、

お腹にいるうちに、お母さんからもらった鉄分のほとんどを蓄えておくのです。

 

妊娠35週目

この時期赤ちゃんには脂肪がついてふっくらしてきます。

成長スピードはゆっくりになり、いよいよ出産が近くなってきました。

 

 

お母さんもこのとき、基礎代謝率が通常より25%上昇し、

血液の量も体全体の1/6が子宮に集められ、

出産に備えて力を蓄えています。

 

 

出産予定日に近くなると、胎盤の重さは2500gくらいになります。

これは子宮の重さの15~30%の割合です。

 

 

この時期、透明、またはピンクがかったおりものが出ることがあります。

これは、妊娠中子宮頸管をふさいでいる粘膜栓が開いた兆候。

まもなくお産がはじまります。

 

—————–
妊娠週数の数え方(目次)は <こちら>

—————–

 

 

【妊婦さんにおすすめの商品】

お祝いギフトはココレカにお任せください!

share on
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE

おすすめの記事

BACK TO TOP