cocoleca magazine

2.出産祝い

お祝い・お返しまめ知識
share on
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE

出産祝いは、産後1週間前後は入院中のことが多いので、産後2-3週間くらいが良いでしょう。

また、お返し(出産内祝い)は、お宮参り後である生後1カ月頃に贈るのが一般的ですので、それまでに贈ってさし上げた方が親切だと思います。

もし、贈る時期が遅くなってしまった場合は、お祝いが遅くなった事を詫びる一言を添えて贈ればよいでしょう。

 

出産祝いの値段は、地域にもよって変わりますが、兄弟姉妹だと2-3万円、親戚で1万円くらい。

友人は、5千円-1万円程度が多いようです。

職場などで連名で贈る場合は、一人1,000円程度集めて、5千円-2万円程度の品物を贈るのが一般的と言われています。

手渡しももちろん喜ばれると思いますが、ママの体調や小さい赤ちゃんがいる状況を考えると、宅配便でお届けするのもよいかと思います。

もちろん、出産祝いは、宅配でお届けしても失礼にはあたりませんのでご安心ください。

ある程度落ち着いてから、改めて、顔を見に伺うと喜ばれるでしょう。

お祝いを手渡ししたい場合は、事前に連絡をされてから伺うようにしましょう。

 

 

share on
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE
BACK TO TOP