cocoleca magazine

4.快気祝い

お祝い・お返しまめ知識
share on
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE

現在、快気祝いとは一般的に入院中や、治療中に戴いたお見舞いに対して「病気や怪我が治った」という報告の意味でお返しの品を贈る事。

本人からお世話になった方へ「お祝いのお裾分け」(=内祝い)をするもので、「全快祝い」「快気内祝い」などといった呼び方をするケースもあります。

それぞれの意味を簡単に説明すると、全快祝いは「病や怪我が完治した場合」、

快気内祝いは「退院はしたが、まだ療養・通院を続ける」といった違いがあります。

それらをまとめて「快気祝い」としています。

・快気祝いを贈る時期

退院して体調が落ち着いてからで大丈夫ですので、10日~1カ月後くらいまでを

目安に贈りましょう。

・快気祝いの金額は?

快気祝いの相場は、いただいたお見舞いの額の 1/2~1/3 と言われています。

値段が分からないものをいただいた場合は、相場にこだわらず、感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

・連名で頂いたお見舞いには?

個別におくっても、まとめて贈ってもOKです。

個別に贈る場合は、人数で割った金額を目安に。

まとめて贈る場合は、お菓子等、みんなで分けられるものを選ぶと喜ばれます。

・快気祝いの熨斗や水引は?

 ココレカでは、カジュアルな贈り物にも使いやすいデザインの、オリジナル熨斗カードをご用意しております。

お名前も入れられますので、ご希望の際は備考欄にご記載下さい。

※メッセージカード(お礼状)を添えましょう※

ひとこと感謝の言葉(嬉しかったなど)を伝えるメッセージカードを添えると、

より気持ちが伝わり喜ばれると思います。

 

share on
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE
BACK TO TOP