cocoleca magazine

いつもそばにあるタオルのこと vol.2 梅雨時期。タオルとの過ごし方

スタッフブログ
share on
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE

タオルのにおいが気になる梅雨の時期

気が付けば、お気に入りのタオルからちょっといやなにおいが、、。
しかも、一度ついたにおいはなかなか落ちません。

においの原因は、お洗濯で落としきれなかった汚れや雑菌です。

使ったタオルは、すぐに洗う、干す

汚れを残さないためにも、使ったタオルは放置せず、出来るだけ早く洗い、洗い終わったタオルもすぐに風通しの良い日陰に干すようにしてください。

タオルを乾かすために必要なのは、「風」です。
雨が続いて、部屋干しをしなければならないときは、サーキュレーター(扇風機)などで風を送ってあげるだけでもふんわりと乾きやすくなります。

タオルににおいがついてしまった。どうすればいい?

もし、においが付いてしまった場合は、煮沸すればにおいがとれます。
ただ、手間もかかりますし、生地の傷みや色落ち等も考えられるので、やはり普段から予防に努める方がよいでしょう。

丁寧に扱うことで、タオルにより一層愛着が湧きます。
一日の終わりの時間、お気に入りのタオルと過ごす豊かな生活。

是非味わっていただきたいと思います。

share on
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE

おすすめの記事

BACK TO TOP