cocoleca magazine

出産当日の思い出(ママ編)

出産前のお母さんへ
share on
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE

出産当日の思い出(ママ編)

ドキドキの出産当日!

出産祝いのココレカのお客さまがたに

当日の様子を聞いてみました。

幸せ溢れる体験談。ドキドキしながら読んでください!

先輩ママたちに聞きました! 出産当日の思い出

写真:25歳2児の母 さまより

ーーーーーーーーーー

17時間以上の長いお産。その間ずっと付き添い励ましてくてた主人。

いざ分娩台へ上がり、産声が聞こえ感動でいっぱいの私は、

主人と喜びを分かち合おうとキョロキョロしましたが、

なぜか主人の姿が見当たらない、、、。

その頃、主人はというとトイレに顔を洗いに行っていて

生まれた瞬間を見逃したみたいですσ^_^;

私としては、生まれた瞬間よりも陣痛の間

ずっと付き添ってくれたことが嬉しかったのですが、

本人は一生の不覚、、と嘆いていました。

でも、これもまた一つの思い出!

(723号さん)

 

ーーーーーーーーーー

予定日が25日だったのですが、

この日の朝方に破水!ジャスト(笑)

即効で入院になり、産院のベットに寝たきり…促進剤を使い、

軽い陣痛を乗り越えながら食事も寝たままスプーンで食べて

(寝ながらだから全然たべれない笑)、

トイレに行きたいって言ったら尿瓶を持ってこられて これにお願いしますと…!

え?!尿瓶とかやったことない!!緊張して出ない…(笑)

そんな状態で一日を過ごし、26日朝に陣痛促進剤を使って、

今まで味わったことのない傷みとゆーか衝撃とゆーか、

ズドーンと雷がお腹に落ちような感じがして、そっからが早かったです!!

30分くらいでギャーギャーわめきながら出産しました!(笑)

3118グラムの元気な女の子!へその緒も自分で切りました!

痛かったけど産んだ後は幸せで満ち溢れてます!!

(クックさん)

 

ーーーーーーーーーー

夫も立ち会ってくれたのでペットボトルの下の部分で強く腰をさすってくれました。

初産で18時間掛かりましたが、ずっと付き添っていてくれました。

陣痛がいよいよ強くなってきたときのわたしの辛そうな様子を見たときと、

赤ちゃんが産声を上げたときに泣いてくれたことに感動しました。

(みちるさん)

 

ーーーーーーーーーー

たまたま実両親と実弟夫妻が病院に様子を見に来ていた時に産まれたので、

家族全員ひとりひとりに産まれたての赤ちゃんを抱っこしてもらえた。

(えりりさん)

 

ーーーーーーーーーー

出産の痛みと体力のなさに不安を感じていましたが、

つわりのしんどさを思えばなんてことはなかったです。

16時間の陣痛後に会えた我が子は、可愛くて仕方ありません。

(こうくんママさん)

 

ーーーーーーーーーー

出産当日:出産は3月3日、4時52分

予定日は3月11日

本陣痛は、3月3日の1時 お腹が鈍痛で起床しトイレに行き、

陣痛間隔を計ろうとリビングへ。

陣痛が10分以内の間隔、1時間観察しようとお皿や洗濯物を片づける。

長女の時は、陣痛が重くて自宅で腰を抱えて痛みと戦っていました。

長女の時と違う。なんて思いながら過ごす。

1時間過ぎても陣痛継続。産院へ連絡、即産院へと。

主人を起こす。準備、寝ている長女を抱っこひもで抱っこし自転車で夫の実家へ。

私は、ついに出産、来たかとドキドキでした。

産院につくと、モニターを付けて助産師さんから内診を受けると子宮口は9センチ

2日に妊婦健診を受けていて子宮口2センチだったのに。展開早すぎる。

即、分娩台へ。そこから少しづつ痛くなる陣痛との戦い。

主人が立ち会う。頭や肩をポンポンしてくれたり、お水をくれたりしてくれた。

お腹の子に『するする、すっぽん。大丈夫だよ~』と語りかえる。

でもなかなか降りてこないのでモニターとのにらめっこ。

徐々に陣痛が痛く。ゆっくり呼吸を整え痛みを逃がす。

そしてマックスの痛みのときのいきみ息を止めて踏ん張るも、なかなか降りてこない。

汗が噴き出してくる。

長女の時は、降りてこないからお腹を2人かがりで押されて、吸引分娩だった。

あの時より痛い、痛い。

徐々に頭が出てきたらしく、これ以上出来ないくらい息を止めていきむこと数回。

いつのまにか頭が出来てきた!!痛い!

子どもの体の部分が出てきていてごつごつしているんだと。

そしてついに実袖希が産まれた!

あ~やっと痛みから解放!

だけどそのあとも胎盤だしたり注射したり、後腹と色々な痛みがあった。

でも実袖希の誕生はとてもとても幸せで1週間も経てばあの激痛も忘れていました。

即、育児に家事に色々とこなせていたので調子はよかったです。

(カオルンさん)

 

ーーーーーーーーーー

夕食後、弱めの生理痛のような痛み(痛みというより「違和感」というくらいの強さ)が。

最初はなんとも思っていなかったけど、

意識を集中してみると、その波が一定の間隔で起こっていることに気づく。

「あれ?もしかしてこれが陣痛?」

21時、22時と時間を追うにつれて痛み(といってもまだまだ弱めの生理痛程度)が強くなり

間隔も短くなってくる。

この様子だと真夜中とか早朝に病院に行くことになるかもしれないから、

あんまり遅くなる前にと、産婦人科に電話をしてみる。

「そのくらいの間隔で(陣痛が)きてるなら、そろそろ病院においで」

予定日をすでに1週間以上過ぎていたので、入院の準備はできている。

夫と母と3人で病院に向かうも、途中でコンビニに寄り飲み物やお菓子を買う余裕があった。

病院につくと、助産師さんが待ち構えてくれていて

私の顔を見るなり一言。

「あ、そんだけ笑っていられるならまだまだ産まれないね!

ここからが正念場だよ」

え、、、、。やはりそうなのね。(笑)

すでに間隔が10分を切っていたので、陣痛ってこの程度かと高を括っていた。

その後、どんどん痛みが強くなってくる。

明け方になると痛みと、自分の体の熱さに耐えるので精一杯。

子宮口もほぼ全開大まで開いているのに

「赤ちゃんがおりてこないね」とのこと。

陣痛促進剤の点滴が始まる。

 

!!!!! 今までの痛みは 痛みじゃなかった(笑)痛い。

 

朝。それでも赤ちゃんはおりてこないらしい。

どうやら「回旋異常」という症状らしく、そうこうしているうちに

赤ちゃんの心拍が落ちてきた。

 

「帝王切開に切り替えましょう」

 

そこからは早かった。

手術台に上がって15分後には産声が。

 

出産直後は、思いがけず帝王切開になってしまったことがすごく残念でしたが、

大村先生の「子宮口10cmも帝王切開の傷10cmも同じ ”産道” です。誇りを持ちなさい」

という言葉に救われたのと、お風呂で娘たちが傷を見るたびに

「産んでくれてありがとう」と言ってくれるので、よかったかなと思っています。

(ふるかわ)

新米ママにおすすめ♪

世界で150万部を突破した「The Pregnancy Jaurnal」の日本版です。
この本ではより細かく、1日1日の赤ちゃんの様子と、お母さんの体の変化の様子を教えてくれます。
ページの下には、メモ欄があるので日記としても◎
「いま、おなかの中にいるあなたの子どもたちが大きくなり、
妊娠・出産の機会が訪れた時に、あなたの体験したことを彼らと共有できる
すばらしい思い出の一冊になることでしょう」(まえがきより 一部抜粋)

初めての妊娠・出産 『安心マタニティブック』
1,980円

ココレカ人気No.1

ココレカの一番人気身長計付きガーゼケット「hajimariーハジマリー」です。

出産祝いにはもちろん、ご自宅用にもおすすめです。

赤ちゃんの成長を日々感じることができるガーゼケット。

お名前、生年月日、身長メモリ、体重を刺繍でお入れします。

身長計付きガーゼケット hajimari(ハジマリ)
6,920円

離乳食やお子様の食事にオススメ♪

化学調味料、食塩、着色料、添加物を一切使用していないので、 安心して離乳食に使える便利な粉末だしです。

ココレカの代表、ふるかわが運営するひより保育園や、そらのまちほいくえんの給食でも毎日使われており、HACCP認定を取得した厳しい衛生管理のもと製造されているので、安心してお使いいただけます。

無垢食堂 まるごと自然だし (無添加) 鰹荒だし、鰹本枯だし、あごだし 3品セット
2,484円

share on
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE

おすすめの記事

BACK TO TOP