cocoleca magazine

妊娠中の不安の乗り越え方

出産前のお母さんへ
share on
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE

妊娠中の不安の乗り越え方

妊娠中、不安に思うことがいっぱいだと思います。

そんな不安をやわらげるプロである助産師の大村先生に、

「妊娠中不安になったらどうしたらいいの?」

ということをテーマに気持ちの持ち方や妊娠のとらえ方などを聞いてきました。

少しでも気持ちが楽になる助けになれば幸いです。

\助産師の大村祥恵先生に聞きました/

先生:気持ちの持ち方…。

   まずは、“備えあれば憂いなし”だと思います。

   備えっていろいろありますよね。

   赤ちゃん用品の準備もだけど、出産準備教育であったり、

   里帰りはどこに帰ろうっていう環境の配慮とか、 

   上の子がいるのであれば預け先も考えないといけません。

 

   それから旦那さん。

   立会ってもらいたいなら、都合を調節してもらうとか。

 

   あとは、やっぱり妊娠中は自分のコンディションを知ることが大切。

   そうして、そのためにセルフケアなりテイクケア(

   産婦さんをサポートする手技)なりします。

 

   妊娠中って一生に数回しかない大事な時期。神様のくれた時間ですよね。

   だから、妊娠中ってすっごい幸せな時期だと思います。

 

古川:出産まで怖い情報を耳にすることって多いけど、

   そういう情報にばかり振り回されて頭でっかちになって、

   「早く終わってほしい!」という向き合い方ではもったいないですよね。

   安全であることは大前提で、

   「いかに盛りだくさんで楽しむか」ぐらいのほうがいいですよね。

 

先生:そうですね。

   私は、出産自体はとても痛かったけど、

   それでも自分が想定してたレベルの8割程度の痛みでしたね。

   すごく楽しい、良い思い出なので、

   そういうことも伝えていきたいなあと思っています。

   みんな怖い話ばっかりするけど、

   怖がらせて委縮させて、「出産ってなんかもう恐ろしいこと」って伝えるよりは、

   すばらしさとか、実は楽しかったって伝えたいですね。

   もちろん、出産する日は決まってるし、

   あとは逃げも隠れもできないんですけど、

   いきなり出産できるわけではないので、

   そこで“備えあれば憂いなし”ですよ(笑)

   妊娠中って楽しい時期だから、出産祝いのお返しなども妊娠中から見たりして、

   楽しむには良いと思いますよ。

 

古川:妊娠、出産って、女性が自分の体のことだとか、

   なんの疑問に思わず口にしていた食べ物や薬だとかに向き合う良いきっかけじゃないですか。

   うちのサイトもそのきっかけをプラスに回すもののひとつになれればいいと思ってます。

 

先生:これ以外は絶対イヤ、天然のもの以外はイヤだとかは、

   意固地になっては生きずらくなってしまうからバランスって大事だけど、

   もちろん、ずっと受け身っていうのも、ダメだと思うんですよね。

   やっぱり主体的に“備えあれば憂いなし”(笑)

   妊娠、出産を安心して楽しみたいし、余裕も生まれますしね。

 

古川:妊娠するとどうしても妊娠前の生活とガラッと変わりますよね。

   そうすると妊娠前のキャリアとか楽しさとかに対する未練みたいなのが

   長いこと断ち切れなかったりすることもありますよね。

   でも今は今、昔は昔だと思います。

   気持ちの起伏もあるでしょうけど、

   「独身の時や妊娠前の時は良かったのに今は我慢ばかりで、私の人生は…」

   なんて悲観してばかりだと もったいないですよね。

   一生のうちに一人の人間(我が子)が100%自分を必要としてくれるなんて、

   子育ての時くらいしかないじゃないじゃないですか。

   まあ、私もそれに気がつけるのはだいぶ後だったんですけど(笑)

 

先生:この時だからできることっていっぱいあります。

   私はよく、子どもと歌いながら歩くんですけど、

   ふと考えると、それってとても幸せな事ですよね。

   周囲の人に、あたたかく見守られながら、歌いながら歩けるって幸せだなって。

   古川さんの言ってることすごい分かります

 

古川:まず知ることが大切なんですね。

 

先生:そうですね。そして、不安になったら抱え込まないで相談してください。

 

 

不安いっぱいの新米ママにおすすめの一冊。

世界で150万部を突破した「The Pregnancy Jaurnal」の日本版です。
この本ではより細かく、1日1日の赤ちゃんの様子と、お母さんの体の変化の様子を教えてくれます。
ページの下には、メモ欄があるので日記としても◎
「いま、おなかの中にいるあなたの子どもたちが大きくなり、
妊娠・出産の機会が訪れた時に、あなたの体験したことを彼らと共有できる
すばらしい思い出の一冊になることでしょう」(まえがきより 一部抜粋)

初めての妊娠・出産 『安心マタニティブック』
1,980円

離乳食やお子様の食事にオススメ♪

化学調味料、食塩、着色料、添加物を一切使用していないので、 安心して離乳食に使える便利な粉末だしです。

ココレカの代表、ふるかわが運営するひより保育園や、そらのまちほいくえんの給食でも毎日使われており、HACCP認定を取得した厳しい衛生管理のもと製造されているので、安心してお使いいただけます。

『無垢食堂 まるごと自然だし』 (無添加) 鰹荒だし、鰹本枯だし、あごだし 3品セット
2,484円

share on
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE

おすすめの記事

BACK TO TOP