Amazon Payでのお支払いが可能です!
Amazon Payでのお支払いが可能です!

cocoleca magazine

言葉の記録

スタッフブログ
share on
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE

 

京都府宇治市の広野幼稚園が、子どもの心を理解するため

言葉の記録を長年続けている、という新聞記事を見かけました。

とてもかわいらしい言葉が並んでいたので、その中の1つをご紹介しますね。

 

『5歳児クラスがテラスで鍵盤ハーモニカの演奏。その後、そばにある大きな木から鳥の鳴き声がずっと響いていた。

子どもたちは「僕たちに合わせて歌ってるんやな」とにこにこ顔。』

 

思わずふふっとなりますね。

おもしろいなあと思ってついつい園のホームページまでのぞいてしまいました。

すると、「天使の言葉」という形で、園の保育者たちの方々が聞いた子供たちのいろいろな言葉が集められていました。

 

なるほど、日ごろから子供の様子に集中しているからこそ子供の「声」を(「心」をと言ってもいいのかも)集められているのだなあ。

自分の子育てを振り返るのがちょっとおそろしい・・・。

 

まあ、子どもが小さいうちは親の仕事は24時間体制。

ずっと集中、は土台無理な話ですよね。

それでも、少しづつでも日常の中で子供とふれあっている時に

おもしろい言い間違いだったり、かわいい表現だったり、思わずはっとさせられたり

など印象に残る言葉があったら書き留めておくのはどうでしょう。

子どもの言葉の成長とともに、親としての「聞く力」も身につくのかも・・・。

なんて大げさな話でなくても、後で見返したときに、

「小さい頃はこんなこと言ってて・・・可愛かったな」と

思えるだけで、じゅうぶん幸せな気がします。

share on
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE
BACK TO TOP